So-net無料ブログ作成

サッカー日本代表応援団 結果よりも感動を求めて!

日本選手が海外で活躍してくれると涙うるうるしてしまうのは私だけ^^ 世界のトップクラブチームにも日本選手にオファーがくるようになった今、お得意の組織力も加えてワールドカップ制覇も

 

日本代表選評 キプロス戦を終えて [ワールドカップ2014年]

思った通りキプロスは引いていましたね。

日本代表のシュート数は前後半合わせて18本。
シュート数が多かったのはゴールの意識だ高いためでありいいことですね。

試合開始直後はパスの精度が悪く、中盤でキプロスとボールの奪い合いばかりしていました。
そんな展開のなか、左サイドの長友と香川だけはパスが正確だし、攻撃も見事。

特に長友が光っていましたね。
日本代表はキャンプ疲れが残っているから動けないとサッカー評論家はいいますけど、それは言い訳ですよ^^

長友はきっちりプレーしていましたから。

前半の半分が過ぎた頃から動きがよくなってきました。
そして前半終了間際に内田のゴールが決まります。

泥臭いゴールだったけど1点は1点です。

よく決めた!!

後半もよく攻めていましたし、シュートする意識が高いのが良かったです。


気になるホンダと香川の出来ですが、
本田は良い時をみているためか少々不満。
なんかオドオドプレイしているように感じました。イタリアでよっぽどキツイ目にあったのか試合後のインタビューでもビッグマウスは影をひそめています。

本田はパスの精度もイマイチだし、相手の裏にでるようなプレイも影を潜めています。
並みの選手であれば、あれで十分な働きなのでしょうけど、もっとできると思うから不満に思います。


まだ27歳
トップ下での試合勘が戻っていないだけと信じています。

本田がトップ下で躍動しないと上位には食い込めないと思いますんで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。